ルーティーンの重要性(塩原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 10月 22日 ルーティーンの重要性(塩原)

 
こんにちは!
担任助手2年の塩原佳之です。(写真は石坂担任助手です)
 
今回は、「ルーティーンの重要性」についてお話ししたいと思います。
 

ルーティーンとは

まず、ルーティーンって言葉、聞いたことありますか?
 
普通に日本語に訳すと、日課とかになると思いますが、
 
ここで僕がいうルーティーンとは、自分が集中するために行う決まった動作のことです。
 
かの有名な野球選手のイチローとか、ラグビー選手の五郎丸とか、トップアスリートも実践しているあれのことです。
 
これは、勉強についても取り入れることができます。
 
僕が実際に現役時代に行っていたことは、
 
必ず試験前は少し寝て、エナジードリンクを飲むということです。
 
これによって落ち着いて、集中して試験に取り組むことができるようになりました。
 
自分のルーティーンを持っておくと、絶対に試験で有利になります。
 
なぜなら、それを実行すれば試験モードになることができるからです。
 
もし試験中に問題が解けなくてめちゃくちゃ焦っている時に、自分を落ち着かせる方法を知っていれば絶対有利になりますよね?
 

あなたのルーティンはどうする?

センター本番まで残すところあと約80日です。
 
それまでにいくつか模試を受けると思います。
 
その模試を通して必ず自分のルーティーンを見つけてみてください。
 
模試だけではなく普段の勉強でも見つけることができると思います。
 
例えば勉強の前には必ず高速基礎マスターをするとか。
 
自分のルーティーンを持っていれば、試験に集中して挑むことが出来ます。
 
パフォーマンスを最大限発揮するために、必ずルーティーンを見つけてみてください!
 
 
明日のブログ担当は村山亮太担任助手です!
お楽しみに!!
 
 

各種お問い合わせ