トップリーダーと学ぶワークショップについて | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 4月 7日 トップリーダーと学ぶワークショップについて

 

トップリーダーと学ぶワークショップが4月17日(日)にお隣のナガセ西新宿ビルで開かれます。

 

今回、お呼びしているのは医学者の黒川清先生です。

 

 東大医学部を卒業し、日米の大学で教授を歴任、安倍内閣・福田内閣の内閣特別顧問を務め、東京電力福島原子力発電所事故委員会での活動を認められ、アジア出身者で初めてアメリカ科学振興協会から科学の自由と責任賞を授与されたという華々しい経歴をお持ちの方です。

 

さて、黒川先生には、東大を飛び出し、世界に挑戦したという御自身の経験を活かして、このグローバル時代にリスクを取ってチャレンジすることの大切さについてお話しして頂きます。

 

では、このような、我々の社会を作ってきたと言っても過言ではないトップリーダーのお話しを聞くことにどのような意味があるのでしょうか?

 

私自身もそうでしたが、我々はともすれば受験の波に飲み込まれ、人生という大きなくくりで見れば目先のことである入試に囚われがちです。

 

しかし、受験生としてのその姿勢は素晴らしいものですが、入試を終え、大学を卒業した後、黒川先生のように社会を背負う人財となる皆さんが高校生のうちにこのようなトップリーダーの話を聞き、刺激を受けることは皆さんが自身の将来を考える上で大きく意味があることと思います。

 

ワークショップは4/17日(日)の13:00~17:00の時間帯でナガセ西新宿ビル15階のマルチホールで行われます。

 

少しでも興味のある方はエルタワー校のスタッフに詳細をお聞きください。