センター しけんが あらわれた !(中村良) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 1月 2日 センター しけんが あらわれた !(中村良)

あけましておめでとうございます!
明治大学一年、中村良です!

 新年早々、変なタイトルを付けて申し訳ありません!(笑)
男の子なら一度はプレーしたことがあるんではないでしょうか?
ドラゴンクエストの戦闘画面をモチーフにしてみました!!! 

自分がセンター試験を受けたのがもう一年も前だということを振り返ってみると、少し感慨深いものがありますね…

ということで!
センター試験にちなんで自分流のセンター試験に臨むにあたっての注意を数点紹介しておきたいと思います!

 

①:寒さ・暑さ対策をしっかりと!

試験は冬の真っただ中に行われます。
そのため、試験場がとても寒い可能性がある為、できるだけ重ね着出来る恰好で試験に臨んでください! 
また、逆に試験場が暖房によってとても暑くなるケースも多々あります。
だから、重ね着できる恰好 で試験場に来ると、その場の温度に応じて対応できるんですね!!
中村が実際にやっていた寒さ対策としては、ひざ掛けを持ち込むなどしてました! 
是非真似してみてください!

 

②:休み時間=勉強時間 ?

センター試験は基本的に高校別に試験場が振り分けられます。
わが母校の場合も例に漏れず、クラスごとに四つの試験場に分かれて受験しました。
自分は東京大学の駒場キャンパスで受験しましたが、学年の4分の1が同じ試験場に集まったわけです。 
それによって、休み時間中に同じ高校の友達と喋ってしまうという現象が至る所で発生します。 

その休み時間で憶えられたはずの単語が直後の試験に出た、ということはみなさんも一度はあると思います!
(自分も直前にやっていた日本史の単語が実際に試験に出ました!!!)
最後の最後で自分の可能性を摘む必要はありますか?
学校の友達とて受験生というくくりではライバルですよね? 

休み時間は次の時間の科目の準備に集中してください!

 

③:試験場は下見しておこう!

こんな体験した受験生のみなさん、いるのではないでしょうか?
「早稲田大学の一号館で受験するけど、一号館ってどこやねん!!!」 

そうです!大学はキャンパスによってはとても敷地が広い時があります!!
いざ試験本番になってキャンパスを訪れたら自分がどこで受験するかわからない…なんてことにはならない ように、
自分が受ける大学の下見には必ず行くようにしてくださいね!

 

次回のブログを更新してくれるのは、立教大学の生方美有担任助手です!
お楽しみに! 

⇒お申込みは校舎にご連絡ください。

⇒お申込みは上記バナーをクリック