センター1日目を終えて(田中) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 1月 14日 センター1日目を終えて(田中)

みなさんこんにちは!
東京大学文学部3年の田中克明(たなかかつあき)です。
センター1日目が終了しましたね。
 
センター試験は日本で最も大規模な試験ですから
当然世の中の高校三年生はセンター一色という雰囲気になります。
ただセンター試験が取れたからといって自分の第一志望校に合格するという保証は全くないわけです。
 
今日の出来が悪かったからもう自分は終わりだとか、
今日の出来がよかったから二次試験は行けるとか、
そんなことは国公立二次の足切りをのぞいてありえないんです。
 
でも受験というのはどうしても結果が出るかどうかが不安で、実際に自分のやっていることが正しいかなんてことは最後の発表が出るまでわからないからこそ、不安を解消する材料を探したくなってしまいます。
 
滑り止めに合格しても、どんなに順調に受験勉強が上手くいっていてもそれは第一志望校の合格の何の保証にもならないですし、逆にどんなに失敗が続いても第一志望校を受けるまでは不合格が確定するなんて事はありえないんです。
 
自分にとって一番大事な軸を、
それ以外の結果によって惑わされないことが
センター試験がはじまってからとても重要になってきます。
 
惑わされないためには、
日々やると決めた事をがむしゃらにやることが一番で、
がむしゃらにやるためには、

上手くいかない状態をモチベーションに変える事
が必要です。
日々上手くいかない悔しさやフラストレーションを行動の源にして、日々進歩していきましょう。その先に合格があると信じて。
 
明日のブログは明治大学の中村担任助手です。お楽しみに。