センター試験本番前に出来ること(澤田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 12月 8日 センター試験本番前に出来ること(澤田)

こんにちは!日本女子大学の澤田です!

今日はすごく寒いですね…最低気温はになるそうです。風邪を引かないように気をつけていきましょう(私もこの間インフルエンザの注射を打って来ました!)

ところで、みなさん、センター試験まであと何日か知ってますか??

残り35日です!残すところも後1ヶ月とちょっととなりました😭😭

そこで今回はセンター試験本番に焦らないリラックス法ややっておくべきことを書きますね!高1、高2生のみなさんもセンター試験同日で試してみてください!

目次

1.センター試験本番前に必ずやること

2.センター試験本番中のリラックス方法

 

1.センター試験本番前に必ずやること

①持ち物確認

模試でもそうですが、必ず荷物の確認をしてください!具体的には時計・鉛筆・受験票があるかどうかの確認です。マークシートはシャーペンでは読み取られないことがあるのでHBの鉛筆を何本も持って行くことをオススメしますね。(私は6本持って行きました!鉛筆削りもあるとなお良し)

時計は受験会場にない場合が多いので必ず持参してください!本番何があるかわからないので複数持って行くこと!またセンター試験はデジタル時計等は使えないので気をつけてください !そして一番大切なのが受験票です!上記の3つは必ず忘れないように何度も見返してください☺

また、気温や体調に合わせて服装(英語が書かれているものは不可)やブランケットなど持って行ってください!

②本番を意識して過去問を解くこと

本番を意識して解くためには本番と同じものを使って演習することをオススメします。つまり、本番使う予定の鉛筆や時計を使うということです!

また、机の上に参考書などがある状態で過去問を解いていませんか??

センター試験本番はもちろん机の上に参考書を置くことはできません。となりの席にもです。めんどくさいかもしれませんが、参考書等は全て片付けた状態で過去問を解いてください!実際に英語を解いて日本史などの他の教科の参考書が置いてあるとそっちの教科が気になり集中できないことがあります。そのため過去問を解く時は本番と同じ状況を自分で作るようにしてください!

2.センター試験本番中のリラックス方法

緊張したらまず深呼吸をすることをお勧めします!

そして私は試験始まる前に必ずイメージトレーニングをしていました!

時間配分はこれくらいで、どのくらい点が取れているのかイメージして試験を受けるのです。これをやることで時間の使い方や問題を解いている時の自分が想像でき、焦らずに問題と向きあうことができます!

 

センター試験まで残り35日、12月センター本番レベル模試まで残り9日全力で頑張りましょう!

 

明日のブログ担当は早稲田大学3年の山上です。