センターリスニングで満点取る方法(中山) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 10月 16日 センターリスニングで満点取る方法(中山)

こんにちは。

中央大学法学部一年生の中山葉月です。

 

今日は師走並みの寒さだそうですね。

寒暖差が激しすぎて皆さんが体調を崩していないか心配です・・・。

10月29日の全国統一高校生テストに向けて必死に勉強してきたみなさんの努力が無駄にならないよう、体調管理にはこれでもかというほど気を付けていきましょうね。

 

さて、私が本日お話するのはセンターのリスニングで満点を取る方法です。

筆記試験と違って、リスニングの勉強法ってあまり目にしたり聞いたりしたことがないと思いません?

ということで今回、自分なりに問題傾向や勉強方法をまとめてみました。

リスニングの勉強法と言いつつ実はこれをやれば英語の様々な問題が解けるようになる!というような方法です!

満点まであと一歩という人も、ぜんぜんさっぱり分かりませんという人も、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

目次

1センターリスニングの特徴

2問題傾向と解き方

3リスニングができるようになる方法

 

1センターリスニングの特徴

・配点50点

(難関大志望者はだいたい満点を狙います)

・センター試験本番では一人一人に機械が配られて、イヤホンで聞きながら試験を受ける

 

2問題傾向と対策

 

 

これは去年のリスニングの問題の分析です。

(東進の過去問データベースからひっぱってきました。ここから、他の科目の分析なども見られます。http://www.toshin.com/center/)

ではそれぞれの大問ごとに解き方のコツを書いていきます。

こんなの見てもできないよ、という人のために最後にこれらができるようになる勉強法も書きますのでご心配なく。

大問1、大問2

・一語一句訳そうとするのではなく、大まかな内容を把握する

・対話がどんな状況で行われているのかイメージする(場所、話し手の感情、など)

・単語や熟語の意味を聞いた瞬間出てくるようにする

大問3

A 

・上記の大問1,2と注意すべき点は同じです。

B 

!一つの対話につき問題が三つあります!注意して聞きましょう!

・例年表や図を見て答える問題です。意外に表の意味が分からなかったりするので気をつけましょう。

 

大問4

!一つの対話につき問題が三つあります!注意して聞きましょう!

・設問を予め読んでおき、聞くべきポイントの見当をつけておく。

・一回目で聞き逃したところは二回目で確認する

 

 

3リスニングができるようになる方法

はい、ここまで具体的な解き方のポイントを書いてきましたが、これを読んでもそもそもこれを実行できないという人がいると思います。

そんな人はとにかく音読をしましょう。

音読といっても、ただ機械的に読むだけではだめです。

 

音読するときに気を付けるポイント

通訳になった気分でやりましょう!

あらかじめ知らない単語や難しい構文などは調べておいて、読みながら訳せるまで繰り返し音読します。

これができるようになるとリスニングだけではなく、長文読解をする際にもすらすら文を読むことができます!

 

それでは最後に!!

10 (と) 2 (に) (か) 9 (く) (う)(け)(よ)(う)全校統一高校生テスト  !!!!!

自分のライバルと是非受けて競ってね!!

明日のブログ担当者は、中央大学の樺担任助手です。

全国統一高校生テストまであと13日。