スタートダッシュが要(中川) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 12月 2日 スタートダッシュが要(中川)

こんにちは! 早稲田大学法学部の中川です。

今日は新高3生(現高2生)のみなさんにこの時期の勉強量の重要性をお伝えしたいと思います!

東進ハイスクールでは12月から学年が変わるので、今の高校2年生は高校3年生として扱われます。

いや、まだ部活忙しいし、、

みんなまだ遊んでるよ笑

などど言ってる暇はもうありません。

今の時期にどれだけ勉強時間を稼ぎ、基礎力をつけられるかが合否を大きく左右します。

高3の夏になって焦りだす頃にはもう勝負は決まっているんですね。

 

常に塾にこもって勉強しろ とは言いません。部活もありますし、遊ぶ時は遊んでも構いません。僕も高校の頃はバスケ部でしたし休日は友達とボーリングしたりと遊ぶ日もありました。

大事なのは、遊びと勉強のメリハリです。時間をきっちりと決めて両立することが大事なのです

これは僕が新高3生だった頃の一月の受講記録です。

(ちょっと見にくいですね、ごめんなさい。)

この月は合計で32コマ受講しています。

もちろんずっと東進にいたわけではありません。

お正月は家族や親戚と過ごしましたし、毎週金曜日は夜遅くまで部活があったので東進には行っていません。

部活が早く終わる火曜日や木曜日に部活が終わった後ふらっと東進へ行き、1~2コマ受講して帰る という生活を続けていました。

ほぼ習慣になっていたため、キツいといった感情は一切なく、マイペースにこなしていました。

次にこちらは僕の高速基礎マスターの記録です。

(こちらも見にくくてすいません、、)

恥ずかしながら242の短期修得ルールは守れていませんが、高2の終わりから取組み始め、高3の4月には既に上級英熟語まで進んでいます。

上級英熟語に関しては今の受験生でさえまだ完全修得していない生徒が多くみられます。。 そんな中、新高3のうちに片づけてしまえば、とても大きな差を生み出すことができます

 

大学入試改革が迫り、今の高2生や高1生には浪人という手段は残されていません

今、新高3年生として、意識してしっかりと時間をとって勉強しましょう!そして遊ぶ時は遊びましょう!

スタートダッシュが大事ですよ!

     

明日は慶應義塾大学経済学部の吉田さんです。お楽しみに!