キラリとひかるもの!(藤巻) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 2月 8日 キラリとひかるもの!(藤巻)

みなさんこんにちは!

 
早稲田大学文化構想学部1年の藤巻です。
 
みなさん「センス」というものをどれぐらい信じますか?
わたしはおおいに信じています。
 
プロスポーツ選手で例えるとイメージしやすいですね。彼らは人一倍の努力と「センス」を兼ね備えています。
他にも芸術家など。たくさんの練習と「センス」とがある人が成功する。
 
結局、センスとか才能がものをいうのか、と思った方がいるかと思いますがわたしはこうも考えています。
 
全員がなにかのセンスをもっている。
 
ここで重要かつ困難なことは、「自分はなんのセンスをもっているのか」ということがわからないことです。
 恐らく、多くの人は見つけられないから、価値のあるものになるのでしょう。
 
こと受験勉強において、センスは存在します。
 
これは決して「頭の良し悪し」ではありません。
さらに、わたしはこのセンスは後天的なものだと考えています。
 
受験勉強において「センスがある」という感覚を定義すると
 
〈大学の求める人間になる〉
 
ことです。
 
例えば早稲田大学の求める人間は、早稲田創設者の大隈重信が宣言した三大教旨からわかります。
 
これらを一言でまとめると、
「建学の理念を現代社会にふさわしい形で実現することを目指す。」となります。
 
早稲田が学生に求めることはこれであり、早稲田を志望する受験生に求めることもこれなのです。
つまり、早稲田の欲しがる人間になることが、早稲田を志望する受験生に必要なセンスなのですね!
 
 
みなさん、大学の入学案内の1番最初のページの教育理念を呼んでみてください。
あなたが受験勉強において1番必要な力が書かれています。
 
ただの受験生から、センスのある受験生になりましょう!
 
 
明日のブログは阿嶋担任助手です。お楽しみに(*^_^*)