イギリス留学記NO.2~イギリスでの生活~ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 9月 22日 イギリス留学記NO.2~イギリスでの生活~

 

こんにちは!

慶應義塾大学吉田ひかるです!

今回は、前回の続きのイギリス留学記№2と題しまして、イギリスでの生活についてお話ししたいと思います。

 

 

 

まず、わたしがイギリスに行ったのは8月でしたが、イギリスは日本に比べて平均気温が低いのでびっくりしました!

夏でも、朝晩はとても冷え込み、上着がないと半袖ではウロウロできないくらいでした。

日中は日本の夏くらい暑いことも多かったのですが、日本より乾燥しているので、汗がダラダラ出るような暑さではありませんでした!

 

みなさんが気になるのは食事のことだと思うのですが、イギリスの食事は決してまずくないです!

たしかに、ただのゆで野菜のようなものも寮では多く出されました。

でも、豆腐料理が出てきたり、肉料理魚料理も色んな味付けがされていて、美味しかったです!

ただ、日本料理の方が味に深みもあるしうまみもあるなあと、しみじみ感じました。

日本料理はやはり日本文化の誇りですね!!

 

 

 

さて、イギリス生活で最も不便に感じたのは、水関係です。

例えば、水道水は硬水なので、軟水に慣れている日本人にとっては飲みにくかったです。

もちろん、家庭にもよることなのですが、私の場合、寮でのシャワーは水温調節がまともに出来なかったり、水量調節ができなかったり、少し不便な部分もありました。

 

また、ケンブリッジ大学の生徒ティーチングアシスタントとしてついてくれたのですが、彼らが沢山のイベントを開催してくれました。

例えば・・・・

 

ケンブリッジツアー、ティーパーティー、パンティング、パブクイズなどなど数多くのイベントが開催されました!

イギリスでは、パンティングというカヌーのようなスポーツが有名です(*^_^*)

パブというのは、日本でいう居酒屋みたいな場所です。

イギリスでは、18歳以上が飲酒を合法でできるため、このパブという場所でクイズ大会ができました!

みなさんご存知の、ワトソンとクリック(DNAの二重らせん構造を発見した二人)が通っていたといわれているパブもケンブリッジにあり、実際に行ってみました!

イギリスには、名所が本当にたくさんあり、街も煉瓦が多くてとても良い雰囲気でした。

 

ただ、いい面だけでなく、川が濁っていたり、ゴミが道に散らばっていたり、悪い面もありました。

 

今日のところはここまで!

まだまだ聞きたい!という人は、ぜひ私まで声をかけてくださいね。

 

 

さて、もうすぐ9月もおわりますね。

そして、明日は難関大・有名大模試ですね!

皆さん、夏に出しそびれた力を出しましょう!

 

 

 

次回の担当は、大住担任助手です!

お楽しみに!