より視野を広く。plus 宮前合宿(松尾) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 11月 4日 より視野を広く。plus 宮前合宿(松尾)

 

こんにちは。

新宿エルタワー校担任助手の松尾淳平です。

↓グループミーティングの様子です

 

ブログに書きたいことをずっと前から決めていたので、少し時期はずれますが、気にせず書こうと思います!

5日前の話なんですが、なんとハロウィンでした!Happy Halloween!!(少し前の話題でごめんなさい。。)

最近英語の文法が覚えられないという話をよく耳にします。みなさんはどうやって覚えていますか?僕は常になんでそうなるのか?という疑問がもうそれ自体に意味がなくなるまでなんで?と自分に問いただしていました。

たとえば、

皆さんは『Trick or Treat』の意味を知っていますか?また文法的に説明できますか?意味を覚えるのではなく、それがなんでそういった意味になるのかという理由をしっかり覚えておくと、忘れにくくなるかもしれません。身近なところにも英語に関する話題はたくさんあると思うので、日頃から英語に関心をもっておくと見える景色も違ってくるでしょう!!

さて、話はかわってセンター試験まで残り71日となりました!!つまりちょうど2ヶ月と半月。そして5日前の10月30日に全国高校生統一テストがありました。

今日僕の前には2種類の生徒がいました。一方はできたといって喜ぶ生徒。もう一方はうまくできなかったといって、落ち込む生徒。

経験としていえることは特に後者の生徒に対してなんですが、大事なことは以下のことを優先事項の最上位におくことです。それは

目標達成にむけて必要なことはすべてやる。

ということです。今の状況を考えてみてください。成績が振るわなかった人はその結果どうこうよりも、目標達成にむけて何をしなければいけないのか考えるべきだと思います。それは結果に喜びすぎることでも、落ち込むことでもありません。模試の成績はその結果に過ぎないとおもいます。結果は結果として受け止めて、目標達成に向けて感情を捨てて考えることが一番優先しなければいけないことでしょう。

確かに難しいことかもしれません。誰だって落ち込むことはあります。ただそういった感情を制御したり、成績という結果にしばられず、より大きな視点から物事を見れるようになることも受験においては大事だと思います。

 

あともう一つ告知があります。

東進ハイスクールの新宿区と練馬区の校舎では

11月19日(土)8時半より翌朝6時ごろまで、東進ハイスクール宮前合宿所において、合同合宿が開催されます。

内容としては低学年(高校一年生と高校二年生)がグループに分かれて

20年後の社会はどうなっているか?またその時に求められる力はなにか

というテーマにしたがって、ディスカッションを行い、プレゼンを行うというものです。

決して勉強合宿ではなく、何のために勉強しているのかという事について考える機会になっています。参加することにより、受験勉強という枠組みを超えて高校生同士で自分たちの考えを共有して刺激し合えると思います。こういった機会を通じて

生徒たちが一回り大きくなって帰ってくる姿を期待しています!!

 

 

p.s.僕も気になって去年の点数を確認したのですが、世界史しか目標点に達していませんでした。。

 

明日のブログは東京慈恵会医科大学に通う阿嶋担任助手です!お楽しみに!