やり切ろう(木原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 2月 1日 やり切ろう(木原)

こんにちは、木原です。

↑新学年の合格設計図作成会の様子です!
 
今日から2月です。
2月は大学受験月といっても過言ではないでしょう。
有名大学だと明日は東京理科大の経営があり、連日上智や慶応と言った名だたる大学の入試が始まっていきます。
 
 
 
受験生の皆さん。
ここまで受験勉強頑張ってきて今の心境はどうでしょうか。
 
様々思いがあると思います。
 
あの時さぼってしまった。高2の頃ちゃんとやっとけばよかった。
 
でもここまで来たらそんなことは関係ないです。ラスト一か月100%の努力を積めばよいのです。
精神論になってしまうのですが、やはり自信持って「絶対受かる!」という気持ちがなければ受験には立ち向かえません。
 
 
 
 
私の去年の受験の話をさせていただきます。
 
第一志望は一橋大学でした。
センター試験は良いとは言えない82%程度で、センターリサーチの判定はD判定で二次試験で取らなければならない状況でした。
 
センターが終わり2月に入り過去問をひたすら解く毎日。
解いても解いても点数は上がらず、苦しい日々でした。担任担当の方に支えられながらも頑張り続けました。
 
本番直前の2月の半ばに少し点数が上がってきて合格が見えてきました。
 
過去問10年分を2周解き、年によっては3周解き、
東大や京大などの過去問も解いて出来ることはやった状態本番を迎えようと思って勉強しました。
 
 
 
迎えた本番。
 
受験会場はマスクだらけの受験生。一橋なので男が多めだった。
 
極度の緊張で頭が真っ白になることもあったけど根性で解ききり受験終了。
 
出来はまあまあ。合格ライン付近だと予想。
 
 
 
しかし、結果は残念。
 
でも最後までやり切る事ができたので満足。
これは綺麗事とかではなく本当に思ったことです。
 
やり切ったからこそ浪人するか迷ったけど今の大学に進学しました。この選択は正解だと本当に思っています。
 
 
受験生の皆さん
最後まで本気でやりきってください。その努力は必ず自分の力となります。
もし失敗したとしても大丈夫です。死にはしません。頑張れ。
 
木原 隆一朗
 
 
 
 明日のブログは吉田担任助手です!お楽しみに!!!