どれだけストイックになれるか | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 3月 17日 どれだけストイックになれるか

こんにちは!お久しぶりの登場です。早稲田大学政治経済学部経済学科次から3年になります北川千裕です!

最近また寒さがぶり返してきましたね(>_<)

風邪を引かないように気を付けていきましょう!

今回は受験勉強に挑むにあたってどのような姿勢で勉強に取り組んでいくかについて話します!

ついに東進で働き始めてから2年が過ぎようとしています。

2年間で沢山の受験生を見てきました。その経験の中で「この子は絶対に受かるな」と思えるような子がだんだんわかってきた気がします。(もちろん私の主観ではありますが…)

第1志望校合格を勝ち取れるような受験生とはどんな姿でしょうか?

それは自分の第一志望校に受かるためにひたすらストイックに勉強できる人です。

私が見てきた限り、楽々と第一志望校合格を勝ち取っている生徒はみな基本的にトイレや食事以外で席を立ちません。

友達との会話も本当に必要最小限です。絶対に朝早く起きて勉強して夜遅くまで休むことなく勉強することを受験本番までひたすらストイックに続けていました。

このような生徒が実際合格を勝ち取ったときは「やっぱりあの子は受かると思っていた」と思えるくらい半端ない勉強量をこなしていました。

そのような生徒たちがそこまで頑張れたのはおそらく、自分の目指す大学に入って自分がやりたい・成し遂げたいと思っていることを実現したいという強い意志があったからだと思います。その大学に入りたいという熱意が行動にあらわれた結果がそのようなストイックさなのではないのでしょうか。

もちろん友達とお話ししたり、遊びに行ったり、テレビを見たり、漫画を読んだりしたくなることもあると思います。ずっと勉強ばかりしていたら、途中でやめたくなることもあるはずです。

勉強するということは、ほかの自分の楽しみを犠牲にすることでもあります。

やりたいことを我慢するのはつらいことですが、それが受験です。

どこまで自分の先の人生のために努力しきることができるか、それが勝敗を決めます。

毎日自分に厳しくあること、その行いの積み重ねがあってこその第一志望合格です。

これから新学期に向けて自分の勉強の姿勢を見直してみてはいかがでしょうか?

次回のブログは明治大学情報コミュニケーション学部の中村良担任助手です。お楽しみに!