たった一つの冴えたやり方(小四郎丸) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 2月 6日 たった一つの冴えたやり方(小四郎丸)


こんにちは!
東進ハイスクール新宿エルタワー校の小四郎丸です!

1月は行く、2月は逃げる、3月は去るの2月です。
ぼーっとしていると、3学期はすぐに過ぎてしまいます。
目標・計画・実行で、有意義な3学期にしましょう!

特に新高3生の皆さんは、ここからの2ヶ月が極めて重要です!
受験生としてのギアをもう一段上げられるかどうか。
4月の段階でトップギアに入れるためには、今からの環境づくりが重要です。

ついつい漫画やゲームに気を取られてしまう……なんて人は、もう段ボールにそれらを詰め込んで、押入れの奥に封印してしまえばいいんじゃないでしょうか?
自分で「封印!」って書いてガムテープで縛れば、受験生化のイニシエーションとしては随分良い感じ。
LINEやTwiterなんかは、そろそろ一旦引退でいいんじゃないかな……?

また、環境づくりで大事なのは、自分だけでなく周りの友人も受験生化させること。
春になっても夏になっても、受験生化できていない高3生ってのは残念ながらどこの高校にもいます。
しかも困ったことに、その子たちはきっと君を遊びに誘う。
「カラオケいこうぜ!」「ゲーセン行こうぜ!」 遊びに誘ってくれているんだから決して悪い子ではないんだろうけど、正直受験生である君にとってはかなり邪魔です。

では、それを断って、友達の縁を切るのがいいのか?
それも、ちょっとどうなんでしょうね? 私はあまりステキな解決策だとは思わない。
一番の方法は、その友人も受験生にして一緒に勉強すること。
しかもできれば、君が仲良くしているその友達グループごと、受験生グループへと進化すること。

一回でいいんです。「カラオケ行こうぜ!」と誘われた時に、
「いや、それより一緒に勉強しようぜ。俺たちもう受験生なんだからさ」
と話してあげてください。
最初はビックリされるかもしれないけれど、きっと理解して、一緒に頑張り始めてくれる友達もいるはず。
そうなればもうこっちのもんだ。あなたが頑張って、もう一人が頑張れば、そのグループは受験生グループへの階段を登りはじめた。

参考動画⇒「TED:社会運動はどうやって起こすか」
 https://www.ted.com/talks/derek_sivers_how_to_start_a_movement?language=ja

あなたがリーダーとなって、周りの友人と一緒に受験生としてワンランク上の存在になりましょう。
「明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている。」 (チャールズ・クーリー)

明日の担当は伊橋担任助手です!お楽しみに!

各種お問い合わせ